肝斑のため汚れや布を除去するための10の自然療法

布や肝斑は、私たちの皮膚に色を与え、顔に茶色や黒ずみの原因となる顔料である、メラニンの産生を増加エストロゲンとプロゲステロンと関連しています。

彼女の顔に斑点を持つ女性

布は、暗いまたは暗い肌の人にはるかに一般的であり、通常、主に、20〜50歳の女性に起こり、その外観は、額、あご、上のように身体の特定の部分に通常より一般的です口と頬。不安、ストレス、薬や化粧品、妊娠、甲状腺や相続に苦しむ人々:布の最も一般的な原因の中で、我々は次のことを見つけるに発生します。

何であると肝斑を治療するための方法

インクルード 肝斑や布 これは肝斑の影響を受けて、誰かの場合であれば、そのようなあまり太陽への露出を避け、彼らは良い日焼け止めを使用しようとしているかのように、余分な予防策を取る必要があり、遺伝することができます。そして、経口避妊薬を服用を避けます。

あなたはのための任意の治療を使用することを決定した場合には カウンター布や肝斑 副作用を与える可能性があるため、あなたは慎重にとても自然な治療であることが重要です。

まだ治療法がありませんが、非常に汚れを減らすことができますが、減らすことができ、またいつでも戻ることができます。それは任意の手間を生成しないので、布は、より多くの物理的および審美的な問題です。

このような機械的剥離(マイクロダーマブレーション)、ケミカルピーリングやレーザー治療などの肝斑や布のために多くのプロの治療法があります。ホーム救済は常に有用であると私たちは布の外観を軽減することができますが、専門家の手に自分自身を置くことは常に良いです。

肝斑や布を減らすためにホーム救済

我々は常に我々自身の自然療法のレシピを準備する家を探しているので、ここで我々は何らかの形で私たちの皮膚に表示され、我々は静けさを奪うこれらのマークを戦うためにしようとしたとき、あなたが果たす複数の保険が表示されます知っています。

読むのをやめないでください:どのように自然にたるみ首を防ぐために

バナナは、布から汚れを除去するためにスライスしました

  1. バナナ:つぶしたバナナのピューレで作られたマスクを適用し、約15分間のまま、週4回程度、この手順を実行します。お肌がそれに応答した場合、あなたは汚れがかなり軽減されて表示されます。
  2. 茄子:熟したナスパルプを開き、さえ取得。塊を作成し、被災地に適用されます。あなたは週2回、これを行うと結果を評価行くことができます。
  3. :ウィスク卵白、朝と夕方に布にブラシで適用されます。
  4. ミルク、レモンとはちみつ大さじ2レモン汁、大さじ4蜂蜜、粉ミルクの2杯。濃厚なペーストになるまで、すべてをミックス。私たちは、顔の上に置き、20分間おきます。洗浄した後、10分間ヨーグルトを適用した後、水ですすぎました。
  5. オニオンと酢:タマネギクラッシュした後、酢の流れとよく混ぜます。 10分間の染色に直接それを置きます。そして、我々はすすぎました。
  6. 過酸化水素: 綿棒を少し過酸化水素を湿らせた布を、次いですすぎ領域にマッサージ。
  7. ターメリック:ウコン中にクルクミン存在はantioxadantes特性を有し、美白を助けます。この混合物に5杯は牛乳の10杯とウコンとペーストを形成します。患部にこのマスクを適用し、約20分間放置。
  8. アロエベラジェル: アロエベラに存在する粘液質多糖類はまた、死細胞を排除するために貢献し、皮膚の色素沈着過度を減らすことができます。肌に直接ゲルを適用し、約15分間作用させます。
  9. オートミール:この小麦粉は、私たちの皮膚や褐色を作る黒い斑点を削除し、剥離剤の皮膚として機能します。大さじ2ミルクマスク、オートミール大さじ2杯と蜂蜜の大さじを作成します。これは、約20分間染色し、水で除去領域をカバーしています。
  10. パパイヤ:パパインは、果実中に存在する酵素であり、布によって生成浅黒い肌のトーンを低減することができる、剥離剤として作用し、私たちの皮膚を修復することができます。パパイヤを扱うことができ、皮膚の斑点のタイプは、両方の病気の肝臓や肝斑によって製造されています。

読むのをやめないでください:自然の爪のキューティクルクリームと卵の指を作る方法。

ビタミンCを提供

シトラスあなたの食事療法にビタミンCを追加します

多くの人々はちょうど瓶を見て、彼らは汚れや布を減らす助けているビタミンCを服用すると、毎日右の用量が何であるかを知っていて、任意の薬局で入手することを言います。

あなたは皮膚科医の問題布に行くか、染色した場合、あなたがハイドロキノンといくつかのクリームを処方することは非常に一般的です。それは、美白成分を持っているので。このクリームは、任意の薬局で入手できますし、任意の処方箋なしで販売されているが、ハイドロキノンがかある皮膚癌の原因、あってもなくてもよいかどうか議論されているので、このようなクリームは、多くの論争になってラップさ自然の製品を選ぶことは必ずしも得策。

肝斑や布 これは、皮膚の色の変化だけですが、まだそれを持っている人の外見に関する苦しみや懸念の多くを引き起こす可能性があります。汚れはほとんど常に均一な茶色のトーンを持っていると顔の両方の部分で同じように表示されます。皮膚科医は、ヒドロキノン、トレチノイン、アゼライン酸、外用ステロイドクリームや化学、汚れがより深刻かつ豊富にあるいくつかのケースではレーザー治療を含むクリームを処方することがあります。

適切な治療肝斑に従った後、通常はしかし、あなたはまた、再表示されることができます覚えておいて消えます。医師は常に、あなたはこのアドバイスを維持する必要がありますので、シミ、シワ、さらには皮膚癌のあらゆる種類の出現を防ぐために、我々は常に、日光曝露前に日焼け止めの寛大な量を適用しなければならないことをお勧めします。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

64 − 55 =